牛乳ができるまで_top.png
牛乳ができるまで
すてっぷ1.png

​原乳検査・受入

各地の酪農家より集めた原料乳は、タンクローリーで運ばれ、理化学検査で異常が無いか確認した後、工場に搬入されます。

1_原乳-001.png
1_原乳-2.png
1_原乳-003.png

ストレージタンク

2_清浄化.png
ステップ2.png

​清浄化
​(クラリファイヤー)

クラリファイヤーという遠心分離機で、受け入れた生乳の塵やゴミを取り除き、きれいな状態にします。

ステップ3.png

​均質化

ホモゲナイザーという均質機を使い、生乳中で偏っている脂肪分の粒を砕き、成分と味を均一な状態にします。

3_均質化00.png
ステップ4.png

殺菌

130℃2秒間の加熱で、生乳中に存在している微生物を殺菌し、身体に有害な菌を死滅させます。殺菌後はすぐに5℃以下に冷却されます。

4_殺菌-1_HP.png
4_殺菌-2.png
ステップ5.png

貯乳

冷却された生乳は、サージタンクで温度保持されます。

乳飲料や低温殺菌牛乳は、パスチライザーという小タンクで殺菌・貯乳されます。

5_貯乳-1.png
5_貯乳-2.png
ステップ6.png

充填

充填機で紙パックに牛乳を詰めていきます。パック密閉後に、金属探知や量目チェックを行い、賞味期限が印字され、製品ケースへと自動で箱詰めされていきます。

6_充填-2.png
6_充填-1.png

\ 動画で ご覧ください! /

ステップ7.png

品質検査

検査室で風味や成分、酸度、細菌数、

大腸菌群など、出荷基準値を逸脱していないか改めてチェックされ、出荷可否が判断されます。

7_品質出荷.png
8_保管.png
ステップ8.png

保管

充填された製品は、5℃以下の冷蔵庫で管理・保管されます。

ステップ9.png

出荷

出荷先ごとの自社便トラックに積み込まれ、安全に迅速に、お客様の元へ納品されます。

9_出荷.png